現在でも続いているクリルタイの大祭

 

  クリルタイ運動の基本文献

 

 平泉クリルタイ運動は、クリルタイ運動、日之本国、平泉王国、奥州侵攻、大陸亡命に関する文献を電子版として、無料配信いたします。

 クリルタイ運動の基本文献としては、最初にかかげてある『地球再生プログラム―クリルタイ運動事始め』要旨版をおすすめします。

 すべて電子版ですので、容量の大きめのパソコンへメールで配信します。

 ただし、一度に三冊以内でお願いします。宅ふぁいる便での配信も可能です。

 

 クリルタイ運動に関する文献

『地球再生プログラム―クリルタイ運動事始め』要旨版 

『地球再生の唯一のプログラム―クリルタイ地球革命と「日之本文書」』

『人類共通語クリルタイ[絆]による日本および地球再生プログラム』

 

 日之本国に関する文献

『「日之本文書」は人類の宝―その珠玉名言集』ダイジェスト版

『日之本国史抄』ダイジェスト版

『理想国家としての日之本国』ダイジェスト版

 

平泉王国に関する文献

『世界文化遺産 奥州平泉と「日之本文書」』

『平泉歴史ミステリー』

『「日之本文書」と義経・ジンギス汗伝説 前篇 後篇』

 

 当方のメールアドレスは

 kuji@topaz.plala.or.jp

で、メールでご連絡いただければ、配信します。

 すべて無料ですが、任意のカンパは歓迎します。郵便振替は00120-2-356842  久慈力 です。

 『日之本文書』に関する情報は久慈力ブログや日之本文書研究会ホームページに掲載しています。

 久慈力ブログアドレスは http://amebulo.jp/kujitsutomuです。

 日之本文書研究会のホームページアドレスは http://hinomoto.jimdo.comです。 

 

 人類共通語クリルタイ[絆][盟約][共存][互恵][地球共同社会]による地球再生へ

 

 クリルタイ(Khuriltai)とは[絆][盟約][連帯]「互助」「互恵」「平等」「共存」[和睦]「友愛」[大集会][連帯社会][地球共同社会]などの意味を表す、ユーラシア大陸を中心とした古代における人類社会の共通語であった。

われわれはこのクリルタイという言葉を人類の普遍的な言葉として復活しようと思う。この言葉を人類の合言葉として呼びかけをしようと思う。この言葉を冠した社会を世界中に築こうと思う。それは人類、地球再生の唯一の可能性として復活するのである。

 

クリルタイの運動は誰でも、誰とでも、どこでも、いつでもはじめられる

 

 クリルタイの運動は誰でも、誰とでも、どこでも、いつでもはじめられる。誰でも自由にクリルタイ運動を創りだし、誰でも自由にクリルタイ運動を展開することができる。誰かに、どこかにことわる必要はない。クリルタイ運動はメンバーから会費等を徴収しない。任意のカンパは受けることができる。その費用は自ら創りだし、運動の責任は自らが負う。クリルタイ運動は自由合意、互恵互助の運動である。

 誰でも○○クリルタイ運動、クリルタイ運動○○などという名称を自由に使うことができる。しかし、クリルタイの名前を名乗って信義にもとる行為、行動を行ったものは、以後、クリルタイを名乗ることはできない。

 

 クリルタイの運動は平等、直接民主主義、非暴力直接行動を目指す

 

 クリルタイ運動において、命令したり、命令されたりすることはない。クリルタイは並列のネットワークを作り、上下関係、本部支部は作らない。クリルタイ運動は位階を作らない。仮に役割分担を作っても誰にも特権を与えることはない。メンバーはすべて平等である。役割分担は固定せず、交替制が望ましい。

 クリルタイは性別、年齢を超え、党派、宗派を超え、身分、階級を超え、地区、地域を超え、地方、民族を超え、国家、国境を超え、大陸、大洋を超える。クリルタイ運動は、新たな人類共同社会の創造を目指す。生命共同体の再生を目指す。地球生態系の復活を目指す。

 クリルタイの運動は、代議員制度はとらず、すべて直接民主主義であり、選挙は否定しないが、非暴力直接行動が中心となる。われらは自分の頭で考え、自分の体で行動する。その結果の成果と責任は自らに属する。

 わたしたちは最初は少数派から始まりますが、母なる大自然が、日之本国に連なるすべての魂が、わたしたちの味方です。そして、やがてはすべての人類にかすかに残された良心が、わたしたちの味方になるでしょう。

 

 お知らせ あなたもグリルタイ運動のホームページを作ってみませんか。地域、グループ、個人でも自由にホームページを作ってリンクしませんか。ホームページの作り方は、リンクのページで詳しく説明してあります。